自動車保険は事故補償がポイント!選ぶときに見るべき場所は?

事故補償が充実している自動車保険を選ぶ

自動車保険に加入する場合は、補償内容をよく見極める事が大切です。そもそも自動車保険はなぜ加入しなければいけないのか、これは車を購入する時に自賠責保険に加入が義務付けられていますので、本来なら保険はこれだけで十分なはずです。しかし強制的に加入する自賠責保険は、事故に遭ったり、起こしたりした時には、任意保険のような手厚い保障はなく、あってもほとんど役にたたないのが現実です。それだと任意保険にだけ加入したいと思ってしまいますが、こればかりは義務ですから加入せざるを得ません。

車を運転する場合は、自分が注意していても向こうから突然追突してくる事もありますし、思わぬ事故に巻き込まれる可能性もゼロとは言い切れません。もしも事故を起こし自分に非がある時は、車を弁償したり、慰謝料を支払ったりしなければいけません。これを自分で賄うのは、資産家でない限り無理があります。事故の内容によっては、高額な賠償金を支払わなければいけない事もあるので、やはり任意保険への加入は欠かせません。任意保険でもプランは種類がありますし、今は自分に合った保険を選べる時代です。

自動車保険で重要なのは、やはり事故補償です。事故にもいろいろな種類がありますが、事故補償が充実していれば、大抵の場合は保険でまかなえます。できる事なら保険のお世話にはなりたくありませんが、予測ができない以上、万一の安心のために、事故補償は充実した内容を選ぶのがおすすめです。多少月々の保険料が高くなっても、後で事故を起こしてから入っておけばよかったと後悔するよりは、毎月の保険料を支払い安心を買うと思えば安いものです。事故補償にも種類があるので、プランを鵜呑みにせず、自分にとって本当に必要な補償を選ぶ事も大切です。

任意自動車保険の重要性とは?

車を購入する時に加入する自賠責保険は、強制ですからこれを拒否すると車を購入できません。拒否する人はいないと思いますが、自賠責保険に加入していれば、わざわざ保険料の高い任意保険に加入しなくてもいいと考える人がいます。

確かに絶対に事故を起こさない、巻き込まれる事もないというならそれでもいいかもしれません。でも絶対というのはありません。自分が注意していても、向こうから降って湧いてくる事もありますから、任意保険に加入しないで、車を運転する事はリスクを伴う事と理解してください。仮に自賠責保険にしか加入していない人が、事故を起こした場合、補償されるのは、被害者への補償で死傷のみとされています。限度額も決まっているので、それ以上の補償が必要な場合は、自腹で負担しなければいけません。自分が怪我をしていても自賠責保険の補償対象外となるので、怪我も自分で治療費を払って治します。車が破損や廃車になっても車の補償はなく、修理費も出ません。最悪自分が死亡しても、死亡保障も一切ありません。

しかし任意保険に加入していれば、補償内容によって補償も変わりますが、少なくとも自賠責保険でカバーできないところもカバーできます。自分の怪我や車の修理も、保険でまかなえますし、相手への補償もある程度は保険でカバーできます。万一相手を死なせてしまった場合は、補償がとてつもなく高額になりますので、自賠責保険の限度額では到底払いきれません。任意保険なら無制限補償というプランもありますから、使わずに済めば一番いいですが、万一の時には安心です。

補償以外の事故はどうなる?

任意自動車保険に加入する時には、補償対象もしっかりと確認しておきましょう。例えば車を運転するのが家族で自分だけという時は、運転者を限定する特約で、本人限定を選択します。しかし家族の中にほかの人もその車を運転する可能性がある、もしくは運転するという場合は、車の所有者以外にも特約をつけておくと安心です。運転者限定の特約としては、本人、本人と配偶者、家族と対象が選べますし、限定をつけずに誰が運転していても補償対象となる特約もあります。

例えば普段は自分しか運転しないからと、本人限定の特約を選んでいた人が、その日だけたまたま友人に運転を代わってもらい、その友人が事故を起こしたという場合、本人限定特約に友人の運転の補償は含まれないので、補償されません。この場合は友人と話し合い、修理費や慰謝料をどうするか相談する事になります。特約に限定なしを指定している場合は、誰が運転していても補償されるので、いろいろな人が運転する可能性がある場合は、保険料は少し高くなっても、限定なしが安心です。

車両保険は自分の車に対しての補償です。車両保険をプラスすると保険料も上がりますが、例えば車を止めている時に当て逃げされたとか、誰かにいたずらされ傷つけられたというような場合も、車両保険に加入していると補償対象になります。自分に非がある場合も、非がない場合も補償されるので、修理代を保険でまかなえます。車を盗まれた場合も補償されるので、多少月々の保険料が上がっても、入っておくほうが安心です。