短期加入の自動車保険の基本を知っておきましょう

アナタも自動車保険加入の達人

私達の日常生活空間にインターネットなる文明の利器の概念すら存在しなかった、遡る事昭和の時代からハンドルを握り続けておられる方々にお尋ねします。「数十年前の自動車保険加入や更新手続きの風景をご記憶ですか?」がその質問です。ようやく念願のマイカーを手に入れた際、ディーラーの説明内容も十分理解出来ぬまま、指示に従って署名捺印された場面を思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう。毎年更新時期が訪れる度、保険料の出費に顔をしかめる連続だった、そんなご記憶だけが鮮明な方も大勢いらっしゃるに違いありません。

その後時代の変化と共に、自動車保険の販売形態も大きな変化を見せ、複数の損害保険会社が販売する保険商品を比較検討出来る環境が当然となっています。保険代理店はインターネットの保険販売と、来店スタイルの対面販売の2本立てで業績を伸ばし、かつての有資格者による訪問販売は影を潜めた感が否めません。契約者側が保険屋さんに丸投げ状態で全てお任せの時代は、既に終わりを告げて久しく、私達契約者側が保険加入の達人を目指し、より確実な付保内容をより安価な保険料負担で確保する、そんな時代が訪れているのです。

ここでは私達の万一に備え、加入の必要性が見逃せない各種損害保険の中でも、絶対に見落としてはならない自動車保険に着目から、より賢くより大きな安心を得られる加入に際し、知っておきたい豆知識をご紹介申し上げます。既に各メディアの各社宣伝などを通じ、私達の保険に対する意識、更には保険見直しを通じて得られる数々のメリットの理解度は飛躍的に向上しています。ぜひご一読から次回の新規加入もしくは更新時にお役立てください。

保険料を抑える上での注意点

保険料が安くなるメリットで一気に衆目を集めた、一連の保険見直しブームも沈静化を見せ、ようやく私達加入者側が目先の損得に踊ってしまうケースも減少している、この傾向は喜ばしい限りです。既に多くの方々がご存知の通り、保険料は保険金額と根底で比例しており、保険料が安価になるイコール、何らかの部分での補償内容が「薄く」なっているのが通例です。保険見直し作業に際し、不要と思われる付保をカットから、契約内容をスリム化する手法は王道と言えますが、着地点を保険料負担軽減に定めてしまっては本末転倒です。

とりわけ自動車保険の場合、自損事故への補償よりもむしろ、相手側への賠償に大きなウエイトを置いた付保内容が求められます。自動車事故に際して求められる賠償金額は年々増大しており、強制加入の自賠責保険プラス任意保険でもカバーし切れぬ高額賠償判決が下されるケースも、水面下では数え切れない現実を知っておきましょう。

ならばどの部分をカットするのか、消去法で検討すれば、自損すなわち自身への補償を必要最小限に抑えると同時に、10%自身がハンドルを握らない期間が明確な場合、その期間の契約をカット出来れば、これは大変有効な節約となります。「そんな事が出来るのか?」的な疑問の声が聞こえますが、元来保険商品は「形が存在しない」すなわち「オーダーメード金融商品」である点を見落としてはなりません。短期加入が叶う可能性を模索してみる価値は十分以上であり、保険代理店に自身の希望を伝えるところから、現在の付保内容を見直される流れがお薦めです。

短期加入はマッチングを見極めて

ここでは保険加入に際しての少し専門的なお話になりますが、保険の世界独自の言葉や単語の意味の解釈に関し、補足させていただきます。

自動車保険などの損害保険商品は大多数が基本1年契約で、中には数年単位のいわゆる長期契約と表現される商品も見られます。対して国内あるいは海外旅行など、数日から数ヶ月間の補償期間を限定した掛け捨て商品は短期契約と表現されますが、1年契約と数年契約のいずれかをチョイス出来る場合、前者を短期と称するケースもあり、この辺りが少々複雑です。

先に例を挙げたいわゆる旅行保険には、海外でハンドルを握られる際の自動車保険が含まれている商品が大半であり、これは超短期商品と捉える事が出来ます。あるいはレンタカーを借りて使用する場合の料金にも各社設定の付保に対する保険料が含まれており、これらも同じカテゴリに含まれます。

仮に皆さんがマイカーをお持ちでなく、一般的な1年契約で等級が上がる毎に保険料負担が安くなる自動車保険の更新契約に要する保険料負担が明らかに無用に大きな場合、現在継続加入中の保険契約を根底から見直すべきでしょう。対して不定期に第三者所有の自動車のハンドルを自ら握られるライフスタイルであれば、その頻度と想定されるリスク双方を冷静に検証から、より確実に万一に備える加入が求められます。いずれにせよこの辺りはいわゆる素人判断が難しく、やはりプロのアドバイザーの意見が無視出来ません。複数の損害保険会社が販売する自動車保険を、パソコンを通じて比較検討が可能な総合保険代理店の公式サイトを活用から、ご自身にベストマッチな付保内容をキープする作業が大切です。

お申し込みから契約が完了するまでの流れをわかりやすく説明しています。 保険会社の保険料や期間など公式サイトもご覧いただけます。 お客様一人ひとりに合ったがん保険や生命保険をご提案します! 初めての方はお電話でお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 "海外赴任者総合補償制度では弁護士に関する費用の補償などメリットが多数!"他人に怪我をさせてしまったときの補償など様々な場面の対応力が抜群! 自動車保険の選び方|保険マイルナビ